介護に転職するなら介護求人セレクト
無資格の介護職に認知症介護基礎研修を義務化 | 厚生労働省が方針決定

無資格の介護職に認知症介護基礎研修を義務化 | 厚生労働省が方針決定

役割・仕事内容

来年度の介護報酬改定で無資格の介護職に「認知症介護基礎研修」の受講を義務付ける方針が決まりました。介護事業全体で無資格者は7.3%が該当します。研修は6時間でオンライン受講できるように検討もされています。

無資格の介護職員に認知症研修を義務化

厚生労働省は2021年4月の介護報酬改定で、認知症への対応力向上に向けた取組の推進として無資格で働いてるすべての介護職員に「認知症介護基礎研修」の受講を義務付ける方針を固めました。完全適用は2024年を予定しており介護サービスの質向上につなげる狙いがあります。 第198回社会保障審議会介護給付費分科会(Web会議)資料

3年間の経過期間が設けられており2024年までの間に研修を受けることができれば問題ないようです。新設される規定は事業所に対して義務付けられてるため放置すると行政指導の対象となります。

認知症介護基礎研修の内容は?

認知症介護基礎研修のカリキュラムは6時間。認知症の人の理解、対応の基本、ケアの留意点などを学習する内容です。「介護に関わる全ての人の認知症対応力を向上させていく」と説明しています。厚生労働省は受講者の負担を軽減するため研修を全てeラーニング可することも合わせて示しています。

無資格の介護職の割合はどれくらい?

介護労働安定センターの2019年の調査結果では「看護師」「社会福祉士」「介護福祉士」「ケアマネジャー」「ホームヘルパー」などの関連資格を持っていない人は全体の7.3%という結果が報告されています

ア  事業所調査「事業所における介護労働実態調査 結果報告書」(pdf)

SNSでシェアする
FacebookTwitterLine

お仕事をお探しの方へ

無料会員登録

介護求人セレクトは介護業界で転職を考えている方に特化した、求人探し・転職パートナー探しの支援を行う日本最大級の完全無料求人情報サイトです。

お問い合わせ

メールでのお問い合わせ

介護求人セレクトの使い方で不明な点がある場合はお問い合わせください

LINEで相談

LINE友達登録

会員登録がお済みの方はLINEで専任キャリアサポートに相談できます

介護求人セレクトには
介護業界の転職のプロが揃う会社が多く掲載されており
自分に合う求人や転職パートナーを探すこともできます。

介護求人セレクトは介護業界で転職を考えている方に特化した、求人探し・転職パートナー探しの支援を行う日本最大級の完全無料求人情報サイトです。 介護求人セレクトには全国の求人が掲載されています。(2024年07月23日現在。) 豊富な求人の中から、希望の給与や働く場所、希望職種、こだわりたい条件などを選択して応募することができます。 応募後は介護求人セレクトに掲載されている求人を取り扱う介護求人に特化した企業のキャリアアドバイザーが、無料であなたの転職をフルサポートします! 介護求人セレクトには介護業界の転職のプロが揃う会社が多く掲載されており、その中から自分にあう会社や企業を比較して、自分に合う求人や転職パートナーを探すこともできます。 会員登録後は、介護求人セレクトからも希望にあった求人をお届けし、転職をサポートさせて頂きます! 初めて転職する方はもちろん、過去に転職されたことがある方も転職は入り口が大切です。前向きな転職を行うために、ぜひご自身にあう求人、転職パートナー選びに介護求人セレクトをご利用下さい!