介護に転職するなら介護求人セレクト
グループホーム(認知症ケア)とは? 費用や入居条件、特徴を徹底解説

グループホーム(認知症ケア)とは? 費用や入居条件、特徴を徹底解説

役割・仕事内容
SNSでシェアする
Facebook Twitter Line

高齢者サービスが多くある中、有料老人ホーム・サービス付き高齢者向け住宅・介護老人保健施設・グループホームなど、高齢者の為の入居型の介護サービスも多岐にわたります。どのサービスを利用したらいいのか、またどの施設でどのようなサービスを受けることが出来るのか、どんな職種の人が働いているのか、名前を見ただけではわかりにくいですよね。 ここではグループホームと呼ばれるサービスについて知っていただければと思います。

グループホームとは?

グループホームとは様々な種類がありますが今回は介護分野に当たる「認知症高齢者グループホーム」(認知症対応型共同生活介護)についてを説明します。
グループホームは認知症の利用者を対象にした専門的なケアを提供する介護サービスです。利用者が可能な限り自立した日常生活を送ることができるよう、認知症の利用者がグループホームに入所し、家庭的な環境と地域住民との交流のもとで、食事や入浴などの日常生活上の支援や、機能訓練などのサービスを受けます。グループホームでは1つの共同生活住居に5~9人の少人数の利用者が、介護スタッフとおもに共同生活を送ります。

グループホームの入居条件は?

グループホームの入居条件として

  1. 介護認定を受けて、要支援2または要介護認定を受けている 介護保険サービスに位置付けられている為、介護認定を受けている必要があります。
  2. 医師に認知症の診断を受けている
    認知症対応型共同生活介護という名前からわかる通り、認知症の方を対象とした施設です。医師から診断書を書いてもらう必要があります。
  3. 施設と同一の市区町村に住民票がある
    厚生労働省が「認知症の人の意思が尊重され、できる限り住み慣れた地域の良い環境で自分らしく暮らし続けることができる社会を実現する」という認知症の人のための新オレンジプランという施策があります。これに伴って住み慣れた環境である必要があります。

この三点を全て満たしている方がグループホームに入居申請することが出来ます。
しかしグループホームは超高齢化社会に伴い、認知症の利用者が年々増加の傾向にある為グループホームに空きがない場合も少なくありません。

グループホームの特徴は?

様々な施設があると、どの施設にどのような特徴があるかわかりにくいですね。 グループホームの特徴をまとめてみました。

グループホームの定員は5~9人で1ユニットとなっています。施設の規模にもよりますがこのユニットは最大で2までと決められています。施設によっては最小5人~最大18人での少人数での共同生活を行うこととなります。

ユニット単位で認知症に対する専門的な知識を有した職員が携わります。その職員と一緒に家事(掃除、炊事、ゴミ出し、洗濯など)を行うことで、そのユニットという小集団の中で役割が生まれ、その人らしく暮らすことができるということが最大の特徴となります。

なぜ少人数での共同生活を行うのかというと、認知症の方は新しい環境が苦手であり、大人数の施設になると入れ替わりや中々関わることが少ない利用者同士もいます。少人数で慣れた環境であれば落ち着いた状況で共同生活を行うことができるからです。

グループホームを選ぶメリットとデメリットは?

介護保険分野での入居施設は多く存在します。グループホームを洗濯した場合のメリットやデメリットをまとめてみましたのでグループホームにご家族が入居するに当たって参考にしてみてください。

グループホームのメリット

  グループホームのメリットとして

  • 少人数であるため人を覚えやすく、顔なじみができ交流が行いやすこと
  • 認知症の方にとって穏やかなケアを提供できるスタッフがいることよって 認知症の周辺症状※が穏やかになったり進行を遅らせることに繋がりやすいこと
  • グループホーム内の住居が個室のため、プライベートが確保されていること
  • 住み慣れた地域で生活することで、混乱やストレスが少なくて済むこと が挙げられます。

※認知症の周辺症状→環境・身体・心理的要因によって生じる様々な精神症状や行動障害のこと

グループホームのデメリットについて解説

  グループホームのデメリットとして

  • 医師や看護師が専従で勤務していないため、医療ケアに限界があります。喀痰吸引などは研修を受けていれば介護スタッフでも可能ですが、点滴や薬剤の投与などは出来ません。
  • ユニットで生活を行いますが、人間同士なので気が合わない方も出てきます。それによってストレスが大きくなってしまい、かえって認知症の周辺症状が悪化してしまう場合もあります。
  • 要介護度が高くなれば、利用料金が高くなってしまいます。

グループホームの費用の相場はどのくらい?

グループホームでケアサービスを受けていくにあたって必要な費用は大きく分けると3つです。

初期費用 0円~770,000万円
介護サービス料 801円~8,937円
生活費 31,000~654,000円

初期費用とは敷金・礼金・家財保険などが必要となる場合があり、施設によって金額の差が大きく開きます。
介護サービス料とは介護サービスを利用しての金額のこと。その方によって1割から3割の負担額があることと、介護度によっても基本サービス費が異なります。さらに、利用者の状態に応じたサービス提供や施設の体制による加算・減算がある為、施設・個人によって金額は異なります。また介護保険料は住んでいる地域により値段が異なります。
生活費とは、家賃・食費・水道光熱費・その他雑費などを指します。こちらも施設によって金額は異なります。食費やオムツなどの雑費は持ち込み可能な施設であれば少し費用を抑えることができます。

グループホームで提供される支援内容

グループホームで提供される支援内容としては入浴・排泄・食事などの「身の回り動作の介護」歩行訓練や階段昇降などの「機能訓練」調理や掃除・洗濯・買い物などを支援する「能力に応じた自立した日常生活」の提供が挙げられます。 この中でも能力に応じた自立した日常生活の提供は他施設では受けることができない支援内容となっています。

良いグループホームの選び方

たくさんあるグループホームの中から、あなたや家族に適したグループホームを選ぶ上で注意するべきポイントがあります。入居者数や立地などが挙げられますが、以下にもまとめてみましたので参考にしてください。

グループホームを選ぶにあたって大切なこと

最近はホームページやパンフレットがある施設が増えていますが、実際に足を運び施設スタッフの雰囲気や入居者の表情などを参考にしましょう。
利用者・その家族が気持ちよく利用できることに越したことはありません。
また担当のケアマネージャーさんに、評判などを聞くのもいいでしょう。

グループホームを選んでいく際のチェックポイント

グループホームを選ぶ際のポイントとして、まず大切なのがお金です。自身の予算と今後支払い続けることになる費用を計算しましょう。また施設によっては介護度があまりに高いと受け入れ困難な場合もあります。医療的処置も基本的には行えませんので確認が必要です。訪問した際には他の利用者や家族の表情を参考にしてみましょう。

介護付き有料老人ホーム・老健・特養との違い

入居施設としてグループホームの他にも介護付き有料老人ホーム・介護老人保健施設・特別養護老人ホーム等が挙げられます。今回は大きくその対象者と特徴の違いについてをまとめてみました。

グループホーム 介護付き有料老人ホーム 介護老人保健施設 特別養護老人ホーム
対象者 要支援2、要介護1~5
かつ認知症の診断が必要
要支援1、2、要介護1~5 要介護1~5 要介護3以上
特徴 認知症の人ができる限り住み慣れた地域で自分らしく暮らし続けることができる施設 高齢者が心身の健康を維持しながら生活できる「特定施設入居者生活介護」の指定を都道府県から受けている施設 病院から退院するも自宅復帰困難な高齢者に対してリハビリを提供する施設 在宅での生活が困難になった要介護者が入居できる施設

以上のようにグループホームは要支援2以上かつ認知症の診断が必要となっていますね。 それぞれの施設ごとに特徴が違いますので目的にあった施設を選びましょう。

有料老人ホームも、健康型・住宅型・介護型、混合型と多岐にわたる為 ここでは介護付き有料老人ホームを例にあげさせてもらっています。

まとめ

グループホームで受けられるサービスの特徴や、他施設との違いがわかりましたね。 グループホームは各地域にたくさんあります。 自分の家族がもし認知症に対して困っているようでしたらグループホームを選択してみてはいかがでしょうか?

SNSでシェアする
Facebook Twitter Line
会員登録
!会員登録がまだの方!
  1. 新着求人や匿名スカウトが届く
  2. キャリアサポートを受けられる
無料で会員登録する
LINEでも相談OK!
LINE登録

会員登録がお済みの方はLINEで専任キャリアサポートに相談できます。

介護転職コラム 関連記事

掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信を禁じます。