介護に転職するなら介護求人セレクト
医療ソーシャルワーカー(MSW)とは|仕事内容や資格について解説

医療ソーシャルワーカー(MSW)とは|仕事内容や資格について解説

役割・仕事内容
SNSでシェアする
Facebook Twitter Line

「医療ソーシャルワーカー(MSW)って聞いたことがあるけど、どんなお仕事なんだろう?」そんな疑問をもったことありませんか?医療ソーシャルワーカーとソーシャルワーカーの違い、仕事内容や働き方、年収など 医療ソーシャルワーカーについて解説していきます。

医療ソーシャルワーカーの役割

医療ソーシャルワーカー(MSW: Medical Social Worker)は、医療機関における福祉の専門職です。「病院などの保険医療機関において、患者やその家族が抱えるさまざまな問題の解決のために調整や援助を行う人」とされており、医療機関において患者や家族が抱える悩みや問題解決を図り、よりよい社会生活を送るために支援をしていきます。

どんな悩み相談を受けるの?

医療ソーシャルワーカーは例えばこんな時に相談を受けます。

  • 医療費、生活費などの経済的な不安
  • 社会保険制度・社会福祉法について知りたい
  • 特定疾患などの公費医療制度についての相談
  • 入院中の家族や退院後の生活についての心配
  • などの悩みなどを患者や家族から相談を受け支援していきまうs.

医療ソーシャルワーカーには資格が必要か

介護の国家資格「介護福祉士」「精神保健福祉士」の資格取得者の総称としてソーシャルワーカーと呼称されています。この中でも医療機関で働いてるソーシャルワーカーを「医療ソーシャルワーカー」と呼びます。保健施設で働いている場合は「生活相談員」と呼称を変えます。そのため「医療ソーシャルワーカー」という資格は存在しません。

医療ソーシャルワーカーの仕事内容

医療ソーシャルワーカーの仕事は、患者や家族の方の経済的・心理的な悩みや課題に相談にのり、より良い社会生活を過ごせるようサポートすることが仕事になります。例えば受診や入院、在宅医療に関する不安などの問題を心理的に支援したり、退院の際に地域でのケアサービス等についての情報を整備し、関係機関との連携を図ります。

医療ソーシャルワーカー業務指針 によると業務の範囲は次のように定義されています。

  • 療養中の心理的・社会的問題の解決、調整援助
  • 退院援助
  • 社会復帰援助
  • 受診・受療援助
  • 経済的問題の解決、調整援助
  • 地域活動

活躍している勤務先

医療機関で働くソーシャルワーカーは病院、保健所、診療所などの幅広い施設で活躍しています。職場の特徴としては地域医療連携室、医療福祉相談室などの部署で働いています。専用の制服などはないため外から違いを見分けるのは難しいかもしれません。

医療ソーシャルワーカーとして働くには

医療ソーシャルワーカーの求人数は介護業界全体からしても非常に少ないのが現状です。介護求人セレクトでも掲載されている求人は非常に少ない状態が続いています。転職するには自分のコネクションを利用するかエージェントに登録し、最新の求人が入ったらすぐに連絡してもらうなど工夫が必要になってくるでしょう。現在求人が出ていなくても常に情報を収集できる状態にしておくことが大切です。

医療ソーシャルワーカーの収入は

医療ソーシャルワーカーとしての年収統計は発表されていませんが、必要とされる資格である「介護福祉士」の月額平均お給与額は338.340円との調査データが出ています。単純計算で12掛でも年収406万円程度の収入を得ることが期待できます。

令和2年2月
全 体 【平均勤続年数 : 9.0年】 338,340円
1年~4年 310,780円
5年~9年 326,550円
10年以上 366,900円

参考元: 令和2年度介護従事者処遇状況等調査結果の概要

SNSでシェアする
Facebook Twitter Line

掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信を禁じます。